トップバリュのスープ春雨全種類おすすめランキング!人気・味を比較!

OLの方やダイエットを考えている人達の間で話題を集めているスープ春雨。
実はトップバリュもスープ春雨を発売しております。
今回はトップバリュのスープ春雨を全種類購入して
おすすめランキングを作成していきました!!!

  

こんにちはー!!

サバ缶です!!

 

 

最近、毎朝、スープ春雨を食べているサバ缶なのですが

様々な種類を食べてみたいと思って

色々なメーカーの商品を購入しております。

 

 

今回、全種類購入したのはこちら!!

 

  

 

 

トップバリュのスープ春雨です(*゚▽゚*)

 

 

トップバリュのスープ春雨はパッケージがあまりオシャレでない事もあり

安いけど購入するのはやめておこう」と断念した人もいると思います。

 

 

今回はそんなトップバリュのスープ春雨に挑戦して

率直な感想を書いていきたいと思います♪♪

  

 
スポンサーリンク



トップバリュのスープ春雨全種類食べ比べ

 

ワンタン

125gあたり87kcal

 

 

 

パッケージに書かれているよりも実際のスープの色は濃いめ

味付けもかなりしっかりしています。

しょうゆラーメンのスープと思ってもらえれば良いかと思います!!

 

 

春雨の歯ごたえがしっかりしていて

プチプチとした春雨を噛む感覚で個人的には好きです!!

 

 

ゴマがたくさん入っていてそれが良いと感じるのですが

スープがちょっと濃過ぎるので女性には少ししつこいかもしれません。

 

 

塩にぎりなどの、特に具材が入っていない

シンプルなおにぎりなどと合うかと。

 

 

肝心のワンタンですが

正直、そこまで美味しくはないです!笑

 

 

外の生地はトロトロフワフワなのですが

しっかり3分待ったのに中は固さというか歯ごたえが残ってしまっていました。

 

 

私は濃い味が好きなのでワンタン以外は

かなり好印象でしたが、スープを飲みきるのはちょっとキツイかもです!!

 

 

酸辣湯(サンラータン)

123.5gあたり77kcal

 

 

 

サンラータンは初めて食べるのですが

名前にもある通り香りには酸味があります。

 

 

実際に飲んでみても、酸味があります。

酸味が春雨との相性良くて美味しいーー!

 

 

酸味の奥に味がするのですが

何の味なのかはハッキリと分からないです。

 

 

目立った例えが出来なくて申し訳ないですが

普通に美味しいのでオススメ度は高めです。

  

 
スポンサーリンク



 

 

かきたま

123.1gあたり77kcal

 

 

 

鶏がらスープの味ですが、優しい味に仕上げられており

かなり飲みやすいです!!

 

 

具材の野菜の量もしっかりと入っており

スープをしっかり吸収して美味しさ倍増させています。

 

 

はるさめの歯ごたえはしっかりしているのですが

すぐにスープの味が消えてしまわないので美味しく食べられます!!

 

 

オススメ度はかなり高い商品です(^^)

 

 

野菜とわかめ

127.1gあたり91kcal

 

 

 

スープを飲むと魚介っぽさやワカメの味がしっかりと染み込んだ優しいスープの味がします。

 

 

特徴の大きな味ではないのですが

皆から愛される定番というイメージを持ちます!!

普通に美味しいです!!

 

 

関連記事⇒コーヒーの為に作られた柿の種とは??

  

トップバリュのスープ春雨おすすめランキング

  

食べ比べ検証を始めてから

トップバリュへの好感度がかなり上がりました!!

 

 

今回のスープ春雨も「どれも、うめぇぇぇぇぇぇぇ」というのが本音です。

 

 

それでは恒例のサバ缶おすすめランキング~

 

 

1位、かきたま

2 、野菜とわかめ

3位、ワンタン

4位、酸辣湯(サンラータン)

 

 

関連記事⇒かっぱえびせんを全種類食べ比べてみた!!

 

 

今回の順位はこのようになりました!!

ただ、酸味が欲しいなど状況などによって順位は変動します。

 

 

トップバリュというプライベートブランドはあまり買わないという人も多いですが

春雨の堅さというか独特なプチプチ感以外はオススメ度が高いです♪( ´▽`)

 

 

濃いというよりも優しい味がメインとなる商品が多く

他の商品と一緒にも食べれるようなサブの1品として活躍しそうですね!!

 

 

皆さんも良かったら

トップバリュブランドのスープ春雨にも手を出してみて下さいね♪♪

 
スポンサーリンク



コメントを残す